towelmuffler

写真とか、大事なこととか。忘れないようにするためのブログです。

誰のためのわたし

誰のためのわたしなんだろう。

 

仕事をしながら、ふとそんな言葉が浮かんだ。

ヤな言い方しちゃったかなあとよく思い悩んだり後悔をして、

「謝っちゃおう」

と思うんです。

でも、やだなーって思うんです。

今日もまたそんな場面があって、うーんどうしよ、ってなってふと

 

まてよ?

自分、ヘンでいいじゃん。

オカシクていいじゃん。

ダメでいいじゃん。

あいつ、性格わりーなあ変なやつだなあ仕事しにくいなあって思われてて何がいけないんだろう。

誰のためのわたしだっけ?

だめならだめで、そういう結果がやってくるだけ。

謎の予防線張るのを少しずつやめてみる。諦めてみる。

ガマンはガマンを呼びそうで。

 

秋は軽く、心を軽く。

そして楽しい日を増やす。

夏をがんばったごほうびを!

広告を非表示にする

「自分のうつ」との記録(8)

タイトルの通り、

人によってはあまり気持ちのいい内容ではありません。

なのでワンクッション!

 

自分は色んな方の体験記を読んでヒントをもらっています。それらが全てなのではなくて、自分なりに少しずつ欠片をもらいながら、考えることをしています。ヒントはたくさん落ちていればいるほどいいかなと思ったので、こうやって書いて残しておこうと思いました。

続きを読む

「いない」今をゆっくり歩く。

今日8月4日は松田直樹選手の命日。6年が経った。

今年は文字にしてみようと思っていた。昨年は自分が生きてるだけでいっぱいだったから。

 

大好きな選手が、いない。

存在自体を心の支えにしていたから、その反動は長い時間をかけて大きくなっていった。

最初のころは、前向きに!と奮い立たせていた。上級救命講習も受けに行った。松本でも講習を受けさせてもらった。悲しみを減らしたいという気持ちはあったけれど、自分の悲しみにしっかりと向き合ったのかといえばそうではなかった。

年々虚無感が増していって、スタジアムに行ってサポーターの方々が熱くなっていればいるほど『自分には、その一挙一動を喜んだり悔しがったりする大好きな選手はここにはいないんだよ』といういじけた気持ちになった。あまりスタジアムにも足が向かず、サッカーの放送すら見なくなっていった。ちょっとした情報もわずらわしくてSNSも見なくなっていった。

静かに心が閉じていった。

そんなころ、大好きなバンドBOOM BOOM SATELLITESと旅に出ることが元気の源だった。とても幸せだったけれど、メンバーの川島道行さんが2016年10月9日に星になった。

堪えた。

喪失感と虚無感ばかりが心を支配して、息を止めながら水にずっとつかっている心地だった。

好きなものが居る場所に、自分の身を必死で置きたかったのだと今では思う。それがなくなるとひどく悲しく不安になり、時には怒りにもなった。しかし「本人そのものがどこにもいない」という現実を思い出すと、そんな感情すら無になった。

これから自分は生きていて、どうする? 何も思い浮かばなかった。

生きるのにお金がかかるから働くというのなら、いっそ生きていたくはなかった。

そんなことを考えながら過ごすのはとてもとても苦しかった。

 

だからこの1年は、物事との向き合い方を考え直す日々になった。

 

出会えて嬉しくて、共有した時間はとても幸せで、それは本当のこと。

その感情は自分の中で起こったことなんだから。

 

大好きな選手が、いない。

「いない」今を、歩むこと。

それは自分の道に他ならず、道から作るその作業はとても大変だと知る。

そんなふうに、ゆっくり考えながら、立ち止まりながら、道を作っては歩いてみてるよ。

マツ。

 

前(Avanti)を向く、越川優選手の『心のど真ん中』にあるもの

プロビーチバレーボール選手へと転向した、越川優選手の初エッセイ「道なき道を。-運を手繰り寄せる7つの言葉」を読みました。

越川選手の「軸」とは。

その行動を起こさせる「原動力」とは。

いつだって前(Avanti)を向く、向こうとする越川選手の

『心のど真ん中』にあるもの、それに出会える一冊でした。

 

Avanti=イタリア語で「前へ、前進」という意味

 

バレーボールという競技に出会ってから約2年という短い期間ではあるけれど、越川選手がコートの中で見せてくれたプレーや振る舞いから、びしばしと感じ取るものがたくさんありました。

目の奥に焼きついているあの場面、あの表情。どんな想いだったんだろう。

改めて、文字になって胸に沁みていく。

大好きな選手だから余計に深く。

そういう機会を作ってくれたこの本にとても感謝をしています。

自分の言葉で伝えようとしてくださって、ありがとうございます。

それが、どれだけ嬉しいことか。

 

 

これから体育館でその姿を探せないことは、正直さみしいです。

f:id:football4:20170729194641j:image

それでも。越川選手は前へ歩む「今」を生きている。

多くの不安もあるだろう、けれど常にどうしたらいいかを考え、決断し、行動する「今」を。

だから、今。

今の姿を見ます。

どんな道も、今があって始まる。その連続なんだと思いました。

f:id:football4:20170729194627j:image

 

チャレンジすることを続けてきた越川選手だから。

最初は不安だらけの名もない道にも、これまでのように喜びが、そしてたくさんの感情が、花のように様々な色を持って、新しく尽きることなく生まれていくんじゃないかと思っています。

そして、それに触れた人たちが、感動をもらって新しい道を見つけてゆくのかもしれないと。

自分はそうだったから。

越川選手への感謝の気持ちがずっとあります。

自分の芯を少し強くしてくれている存在。

 

越川選手が歩む、道なき道に出会えたことは、自分にとって大きな出来事でした。

2015年4月5日。

JTサンダーズが創部初の優勝を決めた日。

バレーボールという競技を初めて観戦した日であり、越川優選手のプレーを通してバレーボールを好きになった日でもありました。

それをきっかけにして、日常的にバレーボールを見るようになり、その積み重ねを言葉にしたいと思い、とある企画に応募しようと決めました。

50文字で綴ろう|バレーボール国内リーグ 50周年特設サイト

ありがたいことに大賞をいただき、やってみたいと思う気持ちを諦めないようにしようという勇気をもらいました。

毎日が挑戦な今、越川選手の存在を思い出しながら励みにさせてもらっています。

 

越川選手が作ってきた道なき道は、

世界でたったひとつ、誰ももっていない強みになる!

たくさん踏みしめて、転んで、ときには蹴り飛ばし、流した涙と汗がしみこんだ土や、

その土から力強く芽吹いた草木や、咲き誇る花が、

今の越川選手の歩みを助け、輝かせてくれますように!

f:id:football4:20170729160035j:image

 

よろしければこちらも。

本の第1章「オリンピックへのこだわり」での書かれている、

岡谷工業高校バレーボール部での1年生歓迎会でさっそく

『高校卒業したらオリンピック出ます』

と宣言していたというエピソードなど。

■ラジオ「MY OLYMPIC越川優選手出演分)」書き起こし

towelmuffler.hatenablog.com

towelmuffler.hatenablog.com

 
これまでに書いた越川選手の記事

towelmuffler.hatenablog.com

towelmuffler.hatenablog.com

towelmuffler.hatenablog.com

towelmuffler.hatenablog.com

towelmuffler.hatenablog.com

 

「自分のうつ」との記録(7)

タイトルの通り、

人によってはあまり気持ちのいい内容ではありません。

なのでワンクッション!

 

自分は色んな方の体験記を読んでヒントをもらっています。それらが全てなのではなくて、自分なりに少しずつ欠片をもらいながら、考えることをしています。ヒントはたくさん落ちていればいるほどいいかなと思ったので、こうやって書いて残しておこうと思いました。

続きを読む

「自分のうつ」との記録(6)

タイトルの通り、

人によってはあまり気持ちのいい内容ではありません。

なのでワンクッション!

 

自分は色んな方の体験記を読んでヒントをもらっています。それらが全てなのではなくて、自分なりに少しずつ欠片をもらいながら、考えることをしています。ヒントはたくさん落ちていればいるほどいいかなと思ったので、こうやって書いて残しておこうと思いました。

続きを読む

【海外バレー】ワールドリーグ2017観戦記:第1週を終えての感想まとめ

6/2からワールドリーグ2017がスタートしました。

FIVB Volleyball World League 2017 (英語サイト)

知らなかったのですが、第1回は日本で開催されていたのですね…!

バレーボール・ワールドリーグ - Wikipedia

昨年、第1週の大阪ラウンドを1日だけ見に行きました。フィンランド代表のセッターさんの曲がりまくるサーブをエンド席から見て感動したのを覚えています。

OQTをきっかけに海外バレーに興味を持つようになり、そのすぐあとに開催されたワールドリーグやリオオリンピックは夢中で見ていました。

 

あれからもう1年。

続きを読む