読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

towelmuffler

写真とか、大事なこととか。忘れないようにするためのブログです。

【2016/17V・プレミアリーグ<ファイナル6大田大会>】対岸の景色も想いも忘れないでおく。

バレーボール 備忘録

たくさん寝て日常に戻ったら少しだけ騒ぐ気持ちが落ち着いて体も軽くなったので、心に残ったことを書いていきます。

 

ファイナル6のすべての試合が終了し、ベスト3が出揃いました。

大一番の豊田合成戦にストレートで勝ち、1位抜けをして3/18・19日のファイナルで待つ東レアローズ

2位の豊田合成、3位のジェイテクトSTINGSがファイナル3へ。

本当に、最後の最後までわからない大田大会になった。

 

豊田合成は「いつも通り」ができなかった印象でした。東レはサーブこそ走らなかったけれど、豊田合成のレシーブが安定しなかったところを鋭く突いていた。そのぶんの余裕で2セット以降は接戦を許さず勝利。

この日は、ビハインドも接戦も心折れずにじわりじわりと勝ちにいく豊田合成ではなかった。ストレートで彼らが負けると会場がざわついている気がします。それぐらい、彼らには「強者」のイメージがある。

大阪大会から気持ち良く勝てていないけれど、ファイナル3で「いつも通り」勝っていく彼らの姿が浮かぶ。

そして、3レグこそ負けが続いてしまったけれどファイナル6で粘り強い「見ている人たちを熱くする」バレーで勝ち進んだジェイテクトSTINGS。古田選手の負傷もあったけれど、バトンタッチした清野選手が思い切り打ち込んだように、みんなで精一杯勝ちに行く姿が浮かぶ。

 

 

どんな形であれ、真逆の体験をしたことがあって。

嬉しくて仕方なかった日も、悔しくてどうしようもなかった日も。どちらもあったから。

だから、どっちがすごいとか良いとかダメとか一時的な熱で焼かれないように。

こころとからだに静かに水を含ませておく。転ぶならば、優しい土がいい。

 

towelmuffler.hatenablog.com