towelmuffler

写真とか、大事なこととか。忘れないようにするためのブログです。

「いのちの車窓から」を読んでいると、「つぐみ」がipodから流れてきた

毎日「旅をする木」をカバンにしのばせていた。

心がぐにゃりとなる時は好きな一文を読むと落ち着く。

 

そんなマイ本棚(心のくすり箱)に仲間入りしてくれた「いのちの車窓から」(著:星野源)のこと。

いのちの車窓から

いのちの車窓から

 

買おうと思ったきっかけはこの記事。

news.yahoo.co.jp

 

ちょうど前日にこんな記事を書いていたから。 

towelmuffler.hatenablog.com

自分はちょっとぼやかして書いてしまったけど、そうそう、つまり「好きです」「すばらしいです」と伝える、表現することが好きで。

表現の前の、土台である「思い方」「感じ方」をまず自分なりに仕立てていきたい。

さらに表現(言葉だったり絵だったり写真だったり)がそれを愛おしいものにしてくれたら最高だなと思う。だから表現も磨きたい。

根っこも、手段も、すこしずつ育てていく。

 

 

「つぐみ」(スピッツ

「愛してる」 それだけじゃ 足りないけど 言わなくちゃ