読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

towelmuffler

写真とか、大事なこととか。忘れないようにするためのブログです。

【2015/16V・プレミアリーグ】超個人的ベスト6賞などバレーボールにまつわるあれこれ

2014/15V・プレミアリーグのファイナル(初観戦)から1年。

ワールドカップも夢中で見て、バレーボールが大好きになってしまいました。

4月末〜5月5日に開催される黒鷲旗まではシーズンなのですが、

忘れないうちに、サッカーのインカレの時のようにベストイレブンならぬベスト6など、勝手に選んでみようと思います。

いつものように自分だけが楽しいやつです!(ここ重要)

V・プレミアリーグのチームはなんとか全部見たので、偏りがサッカーほどない・・・はず笑。

開幕戦、テレビ観戦したときに好きだな!と思ったのが豊田合成で、そのままあれよあれよと勝ち続け、天皇杯皇后杯優勝そしてリーグ優勝! 開幕戦では、東レパナソニックの勝負強さも印象に残っていたので、いいなあと思ったチームたちが1〜3位というのも嬉しい。

 共通していたのはたぶん、リーグを通してチームの強みを積み上げていった結果なのかなと思います。実りあるシーズンだと思う。さらには、ミスが起きたときはなるべく早く修正して立て直す力もあったのかなと。

それについて特に印象に残っているのは2試合。

天皇杯皇后杯の準決勝、豊田合成対策をしてきた東レとその術中にはまりながらもしっかり立てなおして撃破する豊田合成

さらに、リーグ戦ファイナルの豊田合成vsパナソニック。この組み合わせをファイナル6で見た時はパナソニックの完敗に近いものでしたが、ファイナル3でフルセットで東レを倒した勢いそのままに、豊田合成から1セットを奪います。からの、2セット目はしっかりと豊田合成が奪い返すという。そこにしびれまくっていました。

バレーボールにおいて、いかに早くチーム全体で修正していく、立て直していくという努力が大切なものなのかを、ファイナルという舞台でまさにリーグ総括のように感じました。

▼試合結果・各個人賞

2015/16V・プレミアリーグ男子大会 V・ファイナルステージ ファイナル 試合結果のお知らせ | バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

 

上記のように公式で発表されている賞を、「超個人的」に選んでみました。

以下、敬称略。ときたま、「選手」「さん」「くん」など混ざりますが、どうか読み流していただけるとありがたいです。

【超個人的】ベスト6賞

オポジットイゴール オムルチェン(豊田合成トレフェルサ)、清水邦広パナソニック パンサーズ)

WS:ダンチ・ギマラエス・サントス・ド・アマラウパナソニック パンサーズ)、高松卓矢(豊田合成トレフェルサ

MB:松本慶彦堺ブレイザーズ

セッター:内山正平(豊田合成トレフェルサ

【超個人的】ベストリベロ

古賀幸一郎(豊田合成トレフェルサ・主将)

【超個人的】新人賞

唐川大志(JTサンダーズ)、山本湧(サントリーサンバーズ

※本当は最優秀新人賞で1名

 

そしてそして、公式ではこんなものはないけどどうしても残しておきたいマイ・ヒーローのみなさまを…!

【超個人的】内定新人賞

高野直哉(堺ブレイザーズ

※内定選手=現高校生もしくは大学生

ファイナル6で彼を見て、オールラウンダーで勝負強い!と感心しました。持ってる、彼は持ってる。そして笑顔が素敵。

【超個人的】好きすぎてつらいベスト6賞

柳田将洋(サントリーサンバーズ

山本将平(FC東京

傳田亮太(豊田合成トレフェルサ

李 博(東レアローズ

イゴール オムルチェン(豊田合成トレフェルサ

越川 優(JTサンダーズ

実力的にはベスト6賞など入賞している人たちばかりなのですが、あえてこの変な枠に入れさせてもらいました。彼らのどんなプレーも目が離せなかったし、これからも追いかけていきたいみなさま。

越川選手はもう何度も語ってしまってしつこいですが、バレーを好きになるきっかけで。彼がいなければワールドカップも見てなくて、柳田選手にも出会えなかった。そして彼らがいなければ、リーグ戦を見に行くこともなく、生で見る迫力・感動を味わうことはできなかった。きっかけを与えてくれた選手と、実際試合で感動をくれた選手たちに本当に感謝したいです。

 

【超個人的】ベストゲーム(1つに絞れなかった…

2015年11月8日

リーグ戦・東京大会(墨田区総合体育館)

FC東京(2-3)パナソニック パンサーズ

リーグ初生観戦の衝撃、興奮。2セットを先に取ったパナソニックが勝つものだと思っていたら…そこから2セット取り返したFC東京。その勢いのまま5セット目も流れを掴むも、最後に逆転。最後はダンチ選手のスパイクを橘選手が受けきれず、パナソニックの勝利。大、大、大熱戦だった。

勝負が決まった後も、橘選手が床に倒れたまましばらく動けずにいたことを、ずっと忘れない。リベロがボールを上げられない悔しさがにじみ出ていた。拍手を送るしかできなかったけど、この試合をきっかけにリベロの魅力を知った。胸に刻みつけた。

 

2015年12月27日

天皇杯皇后杯 準決勝(大田区総合体育館)

JTサンダーズ(3-2)堺ブレイザーズ

2セットを奪われ、奮起したい3セット目で越川選手が負傷。攻守の要が抜けることに不安を覚えたのも確かなのだけれど、そこで輝いたのは今シーズンずっとサブだった安井選手!スパイクをレフトから決める決める。サーブも思い切り打てていたし、バックアタックもブロックも素晴らしかった。2セットを奪い返し、最終セットはヴィソット選手や八子選手がしっかりと決めきった。「とにかく明るい安井(笑)」(井上選手もかな)が、チーム全体の雰囲気をガラッと変えた。本当に、最後の1秒まで勝負はわからない。チームスローガンとして「決意~Next Challenge New JT!」を掲げていただけに、ニューヒーローの登場は嬉しかった。(といっても彼は新人というわけではないけれど笑)

状況がJTに傾いてから、千々木選手やペピチ選手のサーブが決まらなくなってさらに苦しくなった。安定したプレーって難しい。決まる時はあんなにもスーパーなのに…! サーブが決まることは大きなプラスだけれど、決まらなければ相手の得点となって辛くなる。自分が思い切り打てるか、仲間が気持ちよく打たせる雰囲気を作れるか。自分の成長と仲間の成長と、どちらも必要になってくるんだなあと思った。

東レアローズ(1-3)豊田合成トレフェルサ

豊田合成策を練りに練った東レ2セット目を取り返したのは熱かったなあ。そこでまた修正をしていく合成。チームというひとつの生き物が、勝利に向かってもがく姿を見た。

そして一番感動した、鳥肌が立った場面。コートチェンジの時にイゴール選手がサーブ助走を正確にするために、自分の足を使って丁寧に測っていたこと! 努力に裏打ちされたスペシャルサーブなんだ、と。それを見てもっともっとイゴール選手を好きになりました…!

 

2016年1月10日

リーグ戦・岩手大会(東山総合体育館)

豊田合成トレフェルサ(3-0)堺ブレイザーズ

1/9に続いて、高松選手のふるまい全てに感動して笑って、でした!

詳しくは記事にしたのでそちらで。

【超個人的】ベストショット

f:id:football4:20160821162708j:plain

2016年1月30日

東京大会(墨田区総合体育館)

FC東京 山本将平

<観戦試合>

◆2015年1月8日

東京大会(墨田区総合体育館)

FC東京(2-3)パナソニック パンサーズ

JTサンダーズ(3-2)堺ブレイザーズ

 

2015年11月21日

東京大会(大田区総合体育館)

サントリーサンバーズ(0-3)堺ブレイザーズ

東レアローズ(3-1)FC東京

 

2015年11月29日

大阪大会(パナソニックアリーナ)

パナソニック パンサーズ(3-1)サントリーサンバーズ

 

2015年12月12日

静岡大会(草薙総合運動場体育館(このはなアリーナ))

サントリーサンバーズ(0-3)豊田合成トレフェルサ

東レアローズ(3-0)FC東京

 

2015年12月27日

天皇杯皇后杯 準決勝(大田区総合体育館)

JTサンダーズ(3-2)堺ブレイザーズ

東レアローズ(1-3)豊田合成トレフェルサ

 

2016年1月9日

岩手大会(東山総合体育館)

サントリーサンバーズ(3-0)堺ブレイザーズ

豊田合成トレフェルサ(3-1)ジェイテクトSTINGS

 

2016年1月10日

岩手大会(東山総合体育館)

サントリーサンバーズ(1-3)ジェイテクトSTINGS

豊田合成トレフェルサ(3-0)堺ブレイザーズ

 

2016年1月16日

東京大会(大田区総合体育館)

サントリーサンバーズ(3-1)JTサンダーズ

 

2016年1月17日

東京大会(大田区総合体育館)

FC東京(1-3)堺ブレイザーズ

 

2016年1月30日

東京大会(墨田区総合体育館)

FC東京(2-3)ジェイテクトSTINGS

サントリーサンバーズ(0-3)東レアローズ

 

2016年1月31日

東京大会(墨田区総合体育館)

FC東京(2-3)サントリーサンバーズ

ジェイテクトSTINGS(0-3)東レアローズ

 

2016年2月20日

ファイナル6(大田区総合体育館)

豊田合成トレフェルサ(3-0)堺ブレイザーズ

東レアローズ(3-0)パナソニック パンサーズ

ジェイテクトSTINGS(2-3)JTサンダーズ

 

2016年2月21日

ファイナル6(大田区総合体育館)

豊田合成トレフェルサ(3-0)パナソニック パンサーズ

東レアローズ(3-2)堺ブレイザーズ

 

2016年3月5日

V・チャレンジマッチ(ひたちなか市総合運動公園総合体育館)

サントリーサンバーズ(3-0)大分三好ヴァイセアドラー

上尾メディックス(0-3)JTマーヴェラス

柏エンゼルクロス(3-0)トヨタ自動車ヴァルキューレ

 

2016年3月6日

V・チャレンジマッチ(ひたちなか市総合運動公園総合体育館)

サントリーサンバーズ(3-0)大分三好ヴァイセアドラー

上尾メディックス(0-3)JTマーヴェラス

柏エンゼルクロス(2-3)トヨタ自動車ヴァルキューレ

 

2016年3月13日

ファイナル(東京体育館

豊田合成トレフェルサ(3-2)パナソニック パンサーズ

 

<内訳>

リーグ:17試合

ファイナルシリーズ:6試合

合計:23試合

 

天皇杯皇后杯:2試合

チャレンジマッチ:6試合

合計31試合

 

・男子

JTサンダーズ:4試合

ジェイテクトSTINGS:5試合

パナソニック パンサーズ:5試合

FC東京:6試合

豊田合成トレフェルサ:7試合

東レアローズ:7試合

堺ブレイザーズ:8試合

サントリーサンバーズ:10試合

・女子

上尾メディックス:2試合

JTマーヴェラス:2試合

柏エンゼルクロス:2試合

トヨタ自動車ヴァルキューレ:2試合