読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

towelmuffler

写真とか、大事なこととか。忘れないようにするためのブログです。

【2015/16V・プレミアリーグ】FC東京vsパナソニックパンサーズ、JTサンダーズvs堺ブレイザーズ@墨田区総合体育館

バレーボール

やったー!

ついにバレーボールのリーグ戦を観戦!

思った以上に会場は狭くて、コートに近くて、うわあ、どうしようドキドキしてきたうわあ!

サッカー観戦の時もなのですが、チケットもぎってもらって会場に入るときの高揚感はいつまでたってもたまらないです。

f:id:football4:20160414235104j:plain

試合開始ギリギリに入ったので端の方の席に。一人だと案外ぽつぽつと空席はありそうでした。オンライン上だと完売でしたが、当日券目指して行っても大丈夫かもなあと。

まずはFC東京vsパナソニックパンサーズ。ワールドカップで見た清水選手、深津選手、永野選手が!

バレーボールの応援は、点を決めると音楽や電子音が鳴って、応援団に合わせて「チアスティック」と呼ばれるものでバシバシ叩いたり振ったりする。でもFC東京の応援席はバンデーラや中旗があって、小さいハリセンみたいなやつを叩きながらサッカーと同じチャントを歌っていました。こちらのほうがどちらかというと馴染みなので、ついつい口ずさんでしまう笑。

どちらのチームが好きとかまだわからないので、良いプレーに拍手していこう!とパンフレットを開いて選手の名前を覚えながら観戦。サーブに心奪われがちなので笑、パナソニック清水選手のジャンプサーブにひたすら感動。そして、一番グッときたのがFC東京リベロ橘選手。

開幕戦あまり印象になかったFC東京セルジオ選手が実はものすごくて、シンプルな攻撃なのに全部決まるという気持ちよさ。あとは山本選手が気になる。

パナソニックは渡辺選手がサーブよし、スパイクよしで気になる。清水選手のバックアタックの迫力がすごすぎて、ズドンという音も含めて記憶に残りました。深津選手のトスはもちろん、決まった時のアクションがよくて。めっちゃ気合入ってる。ここは兄弟ともにいいなあ(お兄さんはJTサンダーズのセッター)。

 

第2試合はJTサンダーズvs堺ブレイザーズ

サンダーズは昨シーズンのファイナルで見たので知ってる選手が比較的多くて嬉しい。(昨シーズンと言ってもまだ今年にのことなので不思議な感じ)

towelmuffler.hatenablog.com

2メートル10センチのオポジット、ヴィソット選手とリベロの唐川選手の身長差が40センチあって、整列したときに可愛い感じになっていました笑。

なんといっても越川選手のサーブがまた生で見れたのが嬉しかったです。ファイナルの時ほどのキレはなかったものの、ここぞのスパイク、そしてなんといってもサーブレシーブ。この日はリベロ以上にボールを拾っていました。

ほんとにほんとに個人的な感想であり妄想ですが...

圧倒的だったファイナルでの越川選手やヴィソット選手、今季は少しなりを潜め、若手の成長を見守っているようにも見えました。それに応えるように、新人リベロの唐川選手をはじめ、ワールドカップで悔しい思いをした八子選手、5シーズン目の安永選手(勝利を決めたのは彼のサーブ)が見せ場を作っているのを、年長組2人は特に喜んでいるように見えました。

 

そして堺ブレイザーズ。まずユニフォームがかっこいい。大宮的な、細マッチョ仕様。そして元気!決めるとめっちゃ喜ぶ!ああ、全員でバレーボールしてるんだなっていうのをものすごく感じられるスタイル。石島選手(ゴッツと背中に書いてあった)、ペピチ選手の豪快なジャンプサーブ、迫力あった!!!!特に好きになったのはキャプテンの千々木選手。サーブ、スパイクはもちろん、誰よりも諦めないサーブレシーブ。やっぱり相手のボールを拾えると、それが点につながらなくても「次は行けるぞ」とチーム全体が思えるし、会場全体が「すごい!」「楽しい!」と湧きあがる。ラリーが続く時の会場全体で味わう興奮は、たまらないんだなあ。

この試合もフルセットまでもつれこみ、約5時間くらいがっつりと試合を見入っていたことに。さすがに疲れました笑。でも、「またバレーボール見たいな」と思える素晴らしい試合でした。ありがとう!