読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

towelmuffler

写真とか、大事なこととか。忘れないようにするためのブログです。

【2013 Jユースカップ】 vs京都サンガF.C. U-18@アルウィン

昨年と同じ、京都とアルウィンでぶつかることに。しかも、雨。

初めてのJユースカップを思い出していました。

f:id:football4:20131020115842j:plain

普段の試合は高校のグラウンドだったりして、点数や交代も表示されないからこの表示がなんとも嬉しい。(たぶん昨年も同じこと書いた)

 

京都サポの方々。声が太い。

f:id:football4:20131020125040j:plain

そして山雅ゴール裏。太鼓の人もコールの人もいないのでフリーダム。

「サンガだけには負けられない 教えてやれ 俺らは山雅~♪」...ノリノリである

前日に山雅のイベントに孫と参加して楽しかったから今日もきてみた、っていうユース初観戦のおじいちゃま方も。嬉しい。

f:id:football4:20131020121428j:plain

ピッチ練習中にもどんどん雨足が強くなっていく…。

f:id:football4:20131020124142j:plain

 【スターティングメンバー】

GK51原、DF3古市、DF4林、DF6山寺、MF2篠原、MF5中村、MF7池上、MF8伴、MF10高橋(せいや)、MF11宮本、FW9塩原

【サブメンバー】

GK1山崎(U-15)、DF13田中、MF15高橋(けいた)、MF16三村、MF18成瀬、FW14小松(U-15)、FW17平川

-------------------------------

先週の湘南戦とメンバーが少し変わった。背番号も。得点を決めたせいやは10番、途中出場で活躍した伴はスタメンに。宮本、塩原もスタメン。三村、平川は初メンバー入り!

 -----(多分こんなかんじ)--------
   9塩原    9高橋(せいや)
11宮本   5中村    8伴 
       7池上
 6山寺 3古市(C) 4林 2篠原
       原
 --------------------------------------

f:id:football4:20131020130011j:plain

13:00キックオフ。さあ、やるぜ。

f:id:football4:20131020130021j:plain

序盤、京都のスピードに押されまくる。振り切られるシーンが湘南戦よりも多かった。それでも必死に食らいつく篠原・林。中村・池上もグッと下がって人数かけての守備。

少しのミスも逃さない、チャンスがあれば打ってくる京都。真ん中からの強烈なシュートはGK原のナイスセーブでクリア。とにかく原がキレッキレでした。ゴール裏大興奮。

前半19分、セットプレーから古市に競り勝った樋口が隅に入れて京都1点目。古市と樋口は身長同じだけど体重10キロも違うのな・・・ごくり。

その後、山雅の時間が。右の伴が駆け上がりチャンスを作る。セットプレーで惜しいシーンもあり、押せ押せムード。松本レッツゴーがアルウィンに響く。

f:id:football4:20131020130804j:plain

 42分に、京都の酒井がゴール。

f:id:football4:20131020132451j:plain

0-2で前半終了。スピード・技術の差はあるものの、チャンスは作れていた。

 ハーフタイム中に蓮の髪型の話題に。気合入ってるね、ネイマールっぽいから蓮マールだね、と。

 

後半。雨がひどくなり、一段と冷えてきた。

 高橋(けいた)、成瀬、田中IN。

f:id:football4:20131020140053j:plain

 寒そうな京都8番のこ。ソックスがタイツになるくらいには寒い。

f:id:football4:20131020140106j:plain

 個人的にこの写真すき。

攻めようとするたびにカウンターを食らってしまい、失点。気がつけば4点入っていました。 中盤で取られる場面が多く、先日のトップチームの鳥栖戦を思い出しました。

途中、小松蓮IN。池上とともに積極的にゴールを狙います。攻撃的ガミさんまじかっこいい。本人は何もできなかったと言うけれど、守備にも攻撃にもしっかり存在感を放っていましたよ。前半に泥臭い守備でピンチを救ってくれたとき、ナチュラルに「ガミさーーーん!」て叫んでしまったw

0-6と突き放された中で、あきらめない山雅イレブン。最大のチャンスが巡ってきます。FKからはじまり、CK2本の怒涛の攻撃。約5分強ほどの松本レッツゴーは、絶対忘れない。あれほど「1点への執念」を感じた時はなかったし、それこそが私たち挑戦者にとって大事なものなのだと再確認しました。それこそ、初めて山雅ユースの試合を見た時の熱い気持ちがよみがえった。内川が奪われたボールを自分で必死に取り返してつなげて、とか。しにものぐるいの惜しくもバーを叩いた細川のシュート、とか。前日に18-0と大敗をしたチームとは思えないぐらい、「今、目の前」の試合に必死だった。そこに惹かれたものとしては、この試合でやっぱり彼らを見続けていたいと思った。同じ魂がそこにあったから。

f:id:football4:20131020142534j:plain

 その後2点奪われ0-8で試合終了。

なんだろ、昨年よりもたくましくなってる感じ。先週の湘南戦より充実している感じ。どんどん、成長していく。もちろん他のユースだって成長していっているから、その差が縮まったようには感じないのかもしれないけど。

埋めようとその距離を必死に測ることなんかしなくていい、好きなサッカーを思いっきりやって、強敵にたくさんぶつかって、もっともっとサッカーを好きになったらいいな。そんな雰囲気が松本に根付くといいなって思うし、色んな経験ができたらいいよね。中村の海外遠征とか。

f:id:football4:20131020145345j:plain

 土砂降りの中、おつかれさま!

来週はどアウェイでマリノスユースと対戦。「今持っている力」をぶつけていこう。

 

-----------------------------------------------

参考資料:

・ゴールシーンハイライト動画(くっそー!しかいえないけど)

http://www.youtube.com/watch?v=v0xKnIXPcLo

・タウン情報

http://townjoho.co.jp/?p=1631